IntelとVideoStitchが協力を発表

700
VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセット女性

2016年1月7日、アメリカのラスベガスで、ヴァーチャルリアリティーの映像制作の分野で最先端を行く、VideoStitchが国際コンシューマエレクトロニックショーで、Intelのハードウェアのサポートで360度映像ストリーミングを4Kで行うというデモンストレーションを行いました。

VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセット男性

VideoStitchの革新的な技術の「Vahana VR」は複数のカメラを使って、単一の高解像度のパノラマ映像を作り出すものです。

この「Vahana VR」はこのパノラマ映像をリアルタイムで制作でき、クラウドから直接ストリーミングできるという画期的な技術です。

展示されたシステムはIntelのハードウェアシステムの移植性と「Vahana VR」のどんな数、どんな種類のカメラでも対応できるという凡用性を併せ持っています。

Intel幹部のジャンピエール氏によると、Intelはビデオスティッチと共同で、家庭用向けに4Kのパノラマライブ映像を提供できる技術を開発しています。

この国際展示ショー内のIntelの展示では、4K撮影された映像を360度の映像につなぎ合わせる技術を展示しているそうです。

このライブ映像は6つのスポーツカメラで撮影され、Intel Premium Notebook with 6th Gen Core processorで解析、つなぎ合わせが行なわれています。

VideoStitchの「Vahana VR」技術はIntelからの最新プラットフォームを最大限利用しています。

VideoStitchは現在、ライブ映像をつなぎ合わせるソフトを開発中で、これはIntelの2016年中頃にリリースされる期待があるQuick Syncテクノロジーを取り入れています。

この技術は利用者が包み込まれるような全く新しいエンターテイメント体験を提供できるようになると期待されています。



VideoStitchとは?

ニコラス・バーテイ氏によって2012年に設立された会社で、ハイクオリティーなポストプロダクションや360度のライブ映像の作成を可能にするソフトウェアの開発を世界に向けて行っている会社です。

本当に体験していると錯覚するようなライブ映像を提供するため、VideoStitchは商標登録をしている独自のソフトウェアを開発。このソフトは1000分の1秒の精度で多数の映像をつなぎ合わせることを可能にしています。

VideoStitchは全世界45カ国に1000社を超える顧客を抱え、その内訳としてはおおまかに、エンターテイメント分野、メディア分や、フォーチューン500に名を連ねるFacebook, Red Bull, そしてSony Entertainment などの世界的大企業も含まれています。

その企業的価値は日本円にして3億円ほどにもなっており、パリとサンフランシスコにオフィスを構えています。



Intelとは?

Intelは未来的な最高の体験を叶える企業。

Intelの革新は企業のサーバー、個人のPCやクラウドの解析の能力範囲の増強を進めています。 

インターネット関係の様々な分野の能力をさらにスマートに、そしてさらに互換性を高めること、そして私たち顧客のデジタルライフの安全性の強化を行っています。

Intelは10万人以上の社員によって、ビジネスを生み出し、新たな発見そしてヒューマンエクスペリエンスの向上が進められています。