IBMの次なる一手、世界最大のブロックチェーン?

588
ブロックチェーン技術

IBMはブロックチェーンプロジェクトが銀行による個人や機関の特定、資金源、ビジネス分野、履歴や変更の監視などを行う必要性の主張を援助できると主張しています。

KYCK!と協定を結んだIBM

Know Your Customerは銀行や金融機関が顧客情報や彼らの金融取引履歴を監視できる国際的なマネーロンダリング防止機関です。しかし、これらの規則をもってしても、コンプライアンスを完全に履行することは国際的な挑戦のままです。

シンガポールフィンテックフェスティバルにおいて、IBMはシンガポールフィンテック分野のベンチャー企業KYCK!と協定を結び、Know Your Customerの活動をサポートするため、IBMのブロックチェーンを彼らの顧客を安全な環境において、より迅速に金融サービスにかかる費用と時間を削減するために提供すると提言しました。

どのように活用できるのか

ユーザーに東南アジア金融取引所に関する情報を提供し、仲介業務に関するブローカーデモ口座へのアクセスを簡単に受けられるサービスを行うために三人のシンガポール人によって共同設立されたKYCK!はビデオカンファレンスや新しい顧客の安全なオンボードサービスのための暗号化された文書の提出の処理能力を伴うプラットフォームを仲介業務として提供します。

Hyperledger Fabric上での新しいソリューションをデザインしてテストを行うためにシンガポールでIBM Bluemix Garageと共同で事業を進めていきます。Hyperledger Fabricは許可された分配された台帳記録上でのイミュータビリティー、トレイサビリティーと情報の保護の確保を可能にすることができるプロジェクトです。

KYCK!の共同設立者ダリル・タン氏は次のように述べています、「我々は金融産業のノウハウをアプライすることを可能にしてくれた最適な技術を持つIBMにパートナーを見つけることができ、我々のアイデアを実現できることができることは本当に幸運でした。IBM Bluemix Garageとの共同事業を通して、ブロックチェーン技術が事業稼働率の効率化、透明性の増加そして取引によるリスクの軽減をどのくらい実行できるのかを目撃しました。我々は金融機関において現在の顧客サービスプロセスと顧客サービス全体の向上の実現を目指しています。」

このプラットフォームは公的機関や銀行業務を潜在的に含むビジネスネットワークを基にしたブロックチェーンを通して拡大された個人認証を提供します。個人認証が確認されれば、KYCK!はプロセスがオンボードになる前に顧客情報を銀行ベースの検査か第三機関の検査にかけます。

IBMとブロックチェーン

ITビジネスの分野で100年以上の経験を誇るIBMは商業分野において最大のブロックチェーン履行の実現に向け研究を行い続けています。Singapore Bluemix Garageの他にも、IBMはブルーミックスにおけるアプリケーションの開発とデザインを行うディベロッパー、プロダクトマネージャーやデザイナーのハブとして8つの国際的ブルーミックスガレージを運営しています。

IBMがKYCK!と行う新しいプロジェクトは世界最先端の金融ビジネスと機関のための高度な契約などを行う能力のある独立型ブロックチェーンネットワークの開発を発表した技術開発企業の後に行われます。そして、彼らの技術は2017年には大銀行の内15%によって履行されることが彼らの発表したレポートによって判明しています。


参考URL

https://cointelegraph.com/news/ibms-next-step-in-launching-one-of-the-worlds-largest-blockchain-implementations