Amazon Goに学ぶデータ分析

552
実店舗での購買データ入手

アメリカ合衆国のシアトルの一角が国際的な注目を浴びています。最近、Amazonが現金不要、レジなし、そして超便利街角ショップエクスペリエンスのAmazonGoを発表したからです。

顧客のニーズを捉え、応えているamazon

ここでキーポイントとなるのはエクスペリエンスです。これは最近Amazonが成功を収めたワンクリックチェックアウトやAmazon lockersに見ることができます。

Amazonは実に顧客のニーズをよく把握していると言っても過言ではないでしょう。顧客の欲求や意図をしっかりと捉え、顧客体験にうまくアプライできているのです。本、ミュージック、映画、食品やその他のグッズまで、アマゾンは現代の生活に必要とされるすべてのニーズに応えています。

この企業は本の販売という分野から、このような幅広いサービスを提供する企業への変貌を遂げたのです。 Amazonは本のオンライン販売を皮切りにオフラインで物品販売分野に切り込んで行ったのです。

シアトル、ポートランド、サンディエゴのAmazonの本屋がその象徴です。 本のオンライン販売というリテーラーが今まで挑戦してことのない分野でのビジネスという計画を立てていたにしても、彼らの本社の隣にAmazonのスーパーマーケットをオープンすることが利益に値すると示した彼らの分析力の高さは、オフラインの分野にまだ拡大の余地があることを示しました。

成功の秘訣は分析能力の高さ

この成功はアマゾンのカスタマジャーニーを理解する分析能力の高さに支えられています。 私たちが学べること。 データを統合すること、これが私たちがAmazonGoの成功から学べることではないでしょうか。

Amazonは多岐にわたる分野のデータを分析できました。これにより、Amazonは私たちの日常生活にAmazonGoのようなコンセプトストアが出現した際のインパクトを予測できたのです。

AmazonGoを観察していると多くのデータを入手できます。顧客が何を手に取り、何を購入し、何を棚に戻し、どのくらいのお金を使い、どのくらいの頻度でそこを訪れるのかというデータです。

Amazonはこの膨大な情報を分析し、それぞれの店舗にどのようなレイアウト、プロモーションやプロダクトストックを用意しておくべきかを伝えるのです。 アマゾンはもちろんオンラインでも顧客の買い物ブラウジングパターンのデータを得ることができます。

そしてそれらを各店舗での顧客行動と照らし合わせるのです。このような分析がそれぞれの顧客のニーズに的確に応えることを可能にし、オンラインでのブラウシングの際も、的確なメッセージを発信できるのです。

さらには、顧客がAmazonGoに入店すると同時に、彼らのスマートフォンなどにその時のプロモーション情報など、顧客が関心のある情報を知らせることができるのです。

データ:クリーン、保管そして利用

データは時に、その顧客が少し値段の張るチョコレートの詰め合わせを購入しようかどうか迷っているということを示すこともあります。オンラインでチョコレートの詰め合わせを見ていたり、お店で買おうとしていたり、でもやっぱり買うのをやめるなどの行為が観察できます。

このような顧客のスマホに的確な時期、つまりその顧客がAmazonGoを訪れた時にチョコレートの詰め合わせの割引情報を送信するのです。

しかし、Amazonのような巨大企業のように分析能力を持たない小さな企業のマーケティングチームはどのように彼らのようなデータ分析を行うことができるのでしょうか。

この答えはデータの中に存在しています。マーケティングに携わる人々はその規模に関わらずデータへのアクセスが可能です。多くのデータは企業のデータ保管庫の中にあります。ですから、データ分析の最初のステップはまずはそれらへのアクセスを確保すること、そしてすべてのデータを一つにまとめることです。

正確なデータマネージメントプラットフォームはトレンドのようなものになりました。まるで家の基礎のように、もしそのデータの基礎が正しく建てられていない、もしくは正しい場所に位置していないのならば、そのデータ構築プロジェクト全体が倒壊します。

すべてのデータがわかりやすく整頓されれば、次のステップが分析です。分析のアプローチはビジネス内容やデータの種類によって異なることを覚えておいてください。

ソーシャルメディア、レビュー、ブログや製品情報も同様に製品開発を支援できます。カスタマーセンターで得られた情報とソーシャルメディアからの情報をコンバインしたデータも、顧客感情を分析理解することに役立ちます。 データが整頓されていれば、たくさんのことが可能になります。

過去の古いデータでさえ、各シーズンごとにどのように商品が売れていくのかを分析するために便利です。 データを一度手に入れてしまえば、何回でもそれを見ることができます。そこにまた関連のあるデータをつなぎ合わせると、利益をもたらす贈り物へと変身します。 現金なし、レジなしの店舗で買い物をする概念が日常になる日はそう遠くないかもしれません。

このような店はフィジカルシンボルとして、舞台裏の力強い活動を象徴するでしょう。 これからますます顧客行動に関しての分析が進みます。Amazonは単にすべて青信号のトレンドの道をいち早く選んだのです。マーケティングを考える人々はこのAmazonのリードを見逃すわけにはいけませんね。


参考URL

http://www.marketingtechnews.net/news/2016/dec/19/what-can-marketers-learn-amazon-go/