S&P Dow Jones Indices – ケース・シラー17年9月指数発表

512

ハワイ・ローカル・ニュース、スピンオフ登場!
過去約2年に渡り、旧ソロモンキャピタル「Hawaii Local News」中で、
毎月末にお知らせしていました米国住宅価格指数として一番信頼できるS&Pケース・シラー指数
をお知らせ致します。 また枠を変えて、ハワイ・ローカル・ニュースも継続して
発信させて頂きます。

現地時間、11月28日朝9時に本年9月のケース・シラー指数が発表されました。

過去1年に渡り、
「先月から引き続き数字が上がっています」と、ほぼ毎月書き続けて
きましたが、今月も同様です。 
20都市にフォーカスを当てて、毎月お知らせをしていますが、
10都市、9つの地区からなる国勢調査地区区分も揃って上昇しています。

シアトル、ラス・ベガス、サン・ディエゴは、昨年比では、先月と同様に最高の上昇
を記録しました。
シアトルの12.9%の伸びを筆頭に、ラス・ベガス → 9%, サン・ディエゴ → 8.2%

以下はこの指標を総括しているBlitzer氏のコメントです;

“Home prices continued to rise across the country with the S&P CoreLogic Case-Shiller National
Index rising at the fastest annual rate since June 2014,” says David M. Blitzer, Managing
Director and Chairman of the Index Committee at S&P Dow Jones Indices.
“Home prices were higher in all 20 cities tracked by these indices compared to a year earlier;
16 cities saw annual price increases accelerate from last month. Strength continues to be
concentrated in the west with Seattle, Las Vegas, San Diego and Portland seeing the largest gains.
The smallest increases were in Atlanta, New York, Miami, Chicago and Washington. Eight cities have
surpassed their pre-financial crisis peaks.”
“Most economic indicators suggest that home prices can see further gains. Rental rates and home
prices are climbing, the rent-to-buy ratio remains stable, the average rate on a 30-year mortgage
is still under 4%, and at a 3.8-month supply, the inventory of homes for sale is still low.
The overall economy is growing with the unemployment rate at 4.1%, inflation at 2% and wages
rising at 3% or more. One dark cloud for housing is affordability – rising prices mean that some
people will be squeezed out of the market.”

関連記事弊社サイト: https://wp.me/p8bSDl-I0

2017年9月
全米20都市 - 前年比 6.2%up、前月比0.4%up 203.50point

出典は、上記S&Pです、クリックして原文をご覧頂けます。

s.m. yoshida
Nov.29th, 2017