S&P Dow Jones 主催第9回ETF コンファランス 

343

〜 「Hawaii Local News」スピンオフ 〜

旧ソロモンキャピタルで過去2年に渡りでお知らせしていた
「ケースシラー指数」を発表している「S&P Dow Jones社」が主催する

『第9回 ETF コンファランス』

が過日帝国ホテルで開催されました。

 

 

第1回では参加者は100人弱だったとの事ですが、本年度は720人の経済人が
世界中から集いました。

米国本社からは、ケース・シラーでもお馴染みの指数委員長兼、チーフエコノミストの
デビット・プリッツアー博士(以下写真)
(David M. Blitzer, Managing Director and Chairman of the Index Committee at
S&P Dow Jones Indices)も来日。「パシッブ運用とインデックスの役割」という
貴重な講演をされました。
尚、基調講演は、東京証券取引所、代表取締役社長の宮原幸一郎氏でした。

朝9時の第一部を開始に、途中休憩を
挟み全6部、夕方7時まで、びっしりの
有益なスケジュールでした。

 

 

 

 

潮流としては;
「アクティブからパシッブ運用へ、
単一の手数料収入をめざすのではなく、アドバイザリー・ビジネスへ
の転換の提唱、
そして、educating investors・・・・」

市場としても、初回のコンファレンス時では、2兆円規模だったETFは、
現在は23兆円を超えています。日本だけでなく、世界規模での成長が
見込まれています。

2017年4月5日(水)9時00分~20時00分

Apr. 13, 2017
s.m. yoshida