車の新しいシェアの形「カーシェアリング」について

179
英語でカーシェアリングの表記が中央にある画像

カーシェアリングとは?

カーシェアリングという言葉は聞いたことがある方も多いでしょう。またこれまでに使われたことがあるかもしれません。

カーシェアリングとは特定のメンバー間で自動車を共同保有しようという考えをベースに、1980年後半頃にヨーロッパでそのビジネスは誕生し、ここ10年くらいの間で急激に普及してきました。

この急激な普及の背景としては環境意識の高まり、リーマンショックをきっかけとした経済低迷による節約志向、ITテクノロジーを活用したベンチャー企業によるカーシェアリングビジネスの開始などが挙げられます。

ナビガントリサーチ社によればカーシャアリングの市場規模としては2015年段階で約11億ドル(=約1,100億円)、2025年には約65億ドル(=6,500億円)にまで拡大すると予想しております。

ではいったいカーシェアリングとレンタカーでは何が違うのでしょうか?

基本的には両方とも自動車を借りるという点においては同じですが、カーシェアリングは登録を行った特定のメンバー間で自動車を共同使用され、一方でレンタカーとは不特定多数の人が特定の人から自動車を借ります。

もう少し具体的にレンタカーとの違いという点について説明しますと、以下のような点が違いとして挙げられます。

1)月会費が必要となる。

2)レンタカーよりも短い時間単位で借りることが可能。例えば1時間だけ借りるなど。

3)面倒な手続きが必要なく、インターネットなどで予約後、自動車が駐車されている場所に行く。そしてメンバーカードを自動車にかざすとドアロックが解除され、車が使用できる。

4)町中の様々なところに専用駐車場があり、そこで車を借りる。つまりレンタカー屋まで行く時間や交通費の節約になる。

5)使用料金はクレジットカードなどによる自動決済。

カーシェアリングビジネスの展開

カーシェアリングビジネスはサブカテゴリ―として以下の3つがあります。

(1)ラウンドトリップカーシェアリング(=借りた車は元の場所に戻す)

(2)ワンウェイカーシェアリング(=借りた車は好きな場所へ返すことができる)

(3)パーソナルビークルシェアリング(=個人が所有する車を貸す)

今後、このサブカテゴリーを元に、カーシェアリングビジネスの多角化が進められていきます。

参考URL

http://carsharing.org/
http://www.cleanfleetreport.com/best-car-sharing/
http://innovativemobility.org/wp-content/uploads/2015/11/SharedMobility_WhitePaper_FINAL.pdf
http://www.reviews.com/car-sharing/portland/
http://www.seattlemet.com/articles/2014/2/1/relay-rides-is-the-airbnb-of-car-sharing-february-2014