財布にカード1枚を入れるだけ。カードによる支払いをよりスマートに「Curve」

437
スマホとクレジットカードとPCを操作する男性の画像

イギリス・ロンドンをベースとするフィンテック企業、Curve。

このスタートアップ企業が産み出したアプリは非常に画期的です。

日本でも携帯キャリア会社が提供しているサービスで、docomoの「おサイフケータイ」やauの「au WALLET」が挙げられます。

これらは電子マネーやポイントカードなどをスマホ上で一元化することで利用者の便宜を図ったサービスです。

しかし、電子マネーやポイントカードは特定のサービスでしか使用できないので、買い物をするには万能ではありません。

Curveが提供しているサービスは上記のようなサービスとは異なります。

アプリ内で複数のクレジットカードやデビットカードを登録することで、いつ・どこで・いくら支払いを行ったのか一目でわかるようになります。

登録方法は簡単で、事前にクレジットカードやデビットカードを専用のアプリで送信します。

認証されると、Curveのアプリ内でカードが行った入出金の情報を確認することが可能。

Curveに登録するとMasterCardも付与されるので、それ自体もプリペイドカードとして機能します。

また、利用によってポイントも付与されます。

クレジット・デビットカードのサービスや特典はそれぞれ異なるので、使い分けをしている方には非常に便利な機能ではないでしょうか。

そして、このカードをさらに特異なものにしているのが、このカード1枚を持ち運ぶだけで実質すべて保有するカードの支払いができる点です。

複数のカードを持っていると財布がかさばり面倒ですが、このカード1枚を持っているだけで、オンライン/オフライン関係なく使用することができます。

複数のカードの一元化して確認できるアプリなので、どうしてもセキュリティについて気になるところですが、セキュリティのレベルは銀行のカードと同じくらい厳重であると述べています。

今までありそうでなかった新しいサービスです。

参考URL:
https://www.imaginecurve.com
https://techcrunch.com/2016/12/16/curvergence/
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3451234/The-end-bulging-wallets-Curve-stores-bank-cards-one-place-s-no-limit-contactless-payments.html