自分専用の銀行 リップルコインのブリッジ通貨としての魅力

499

ビットコインなどのように通貨そのものの実体はないものの、インターネット上では通貨としてのやり取りが行うことができるものを仮想通貨といい、日本でも、ビットコインなどの仮想通貨をどのように扱うかが検討されています。

その中で登場しているのがリップルコインです。

ビットコインとはその仕組みこそ違うものの、考え方としてはビットコイン同様、これからの時代は既存の通貨だけでは廃れていくという発想から開発され、日本でも取引が行われています。

リップルコインの今後の見通しとしてはブリッジ通貨として機能することが考えられます。

ブリッジ通貨とは、今ある通貨間の両替をする際にそこを通すことで簡単に両替が可能になるというものです。

通常、両替となるといくらかの手数料が取られることになり、今のレートそのままの値段で両替できるとは限りません。

特に街に存在する両替所などは手数料が高く設定されており、両替の手数料でいくらか損をすることも考えられます。

リップルコインを使用した両替というものが行われれば、スムーズにドルを円にする、円をユーロにするといったことができるようになり、利便性が高まります。リップルコインの価値は、利便性などの存在価値や最初から取引される通貨の流通量によって決まっていくため、この利便性が世界中で普及が進むようになると今後リップルコインの価値はさらに高まることとなります。

両替だけではなく、銀行などへの送金や両替所でもそこまで取引がなく、手数料が高めに設定されがちな新興国の両替なども可能になるなど、使い勝手のいい、いわば自分専用の銀行です。

この場合、ビットコインなど別の仮想通貨とも取引をすることができるため、投資として使うというよりも、今ある資産を守るため、さらに活用するために預けるということも可能になります。

要するに金銭取引のツールとして使われることが多くなっていくのが今後の見通しとなっており、そのあたりはビットコインとは一線を画することになり、共存が可能です。

ただ、その中で使われているXRPと呼ばれるブリッジ通貨の価値は日々変化しており、場合によっては得をすることも損をすることもあります。

そのため、利便性ということに焦点を置き、どのような使い方が可能なのか、特にオンラインショッピングなどで使用できる店が増えていくのかなどに注目し、利用すべきかどうかを検討していくということが大事になっていきます。