歴史ある京町屋が残されている地域はたくさんあります

155
歴史ある街イメージ

京町屋は京都にしかないと思ったら大間違いです。確かに京都にはまだまだ多数の京町屋があります。外国人観光客だけではなく、国内からの観光客が多いのはそのためです。

京都を歩いているだけでまるでタイムスリップしたかのようだという体験談も珍しくないのは、歴史があるからだけではなく、京町屋がたくさん残されているおかげで、歴史をより身近に感じることが出来るからでしょう。

しかし、京町屋は京都だけでなく、他にも様々なエリアに存在します。そこで、京町屋が多く残されているエリアをいくつかご紹介します。

加賀百万石の街・金沢

こちらは情報も多いのではないでしょうか。北陸新幹線の延伸により、都心からのアクセスも飛躍的に向上しました。白漆喰や京町屋が多く残されているエリアがあります。観光資源にもなっているだけにとても人気のスポットです。

倉敷の美観地区

こちらも情報や体験談が多いエリアです。倉敷には美観地区と呼ばれる、京町屋や白漆喰などまるでタイムスリップしたのではと思わせる街が存在します。

美観地区と名乗るだけあって観光客へのおもてなし体制も整えられていますので、歴史を体感したい人にとってはとても魅力的なエリアとなっています。

福井の小京都

福井には「小京都」と呼ばれるエリアがあります。まるで京都を小さくしたかのような歴史のある街という意味です。こちらにもまた、京町屋が多数残されていますので、風情を楽しめるでしょう。

アクセスが少々難ではあるものの、足を運べば多くの人が満足する光景が広がっています。

川越の小江戸

ここにもまた、多数の京町屋が残されています。川越は関東ですが、江戸時代、江戸から近いこともあって大層な賑わいのある街でした。

往時を思わせる風情のある物が多数残されていますが、京町屋の姿も見かけます。都心からアクセスしやすいエリアなだけに、日帰りでも十分に楽しめるでしょう。関東の人にとっては最も手軽に京町屋を楽しめるスポットです。

京町屋は全国で楽しむことができる

このように、実は京都以外にも京町屋を楽しめる街は全国に多数あるのです。歴史、風情、そして情緒。見ているだけで様々な思いが錯綜する京町屋ですが、京都に足を運ばなくとも楽しめるものなのです。

これら以外にもまだまだ京町屋は存在します。情報収集として体験談等を読めば、ついつい足を運びたい気持ちになるのではないでしょうか。それだけの魅力が詰まっている京町屋なだけに、写真よりも実物の感動は大きいものなのです。