来年度の成功にはどのようなデジタル投資が必要か

153
マーケティング

テックギャイアンツと呼ばれる大型企業であるUberはサービスの範囲を拡充し、UberEatsのサービスを開始しました。

他にもアマゾンがブックストアを開始するなど、その企業の元々のサービス内容からあまり簡単に想像できないような業種にまで広めている企業が目立ちます。

マーケティング担当者が心得ておくべき戦略の手がかり

今年にこのような企業がビジネスに対して行ったトランスフォーメーションは多くのマーケティング担当者に自社のビジネス戦略に対して何が一番ふさわしいのかという疑問を浮上させたのではないでしょうか。その疑問とは、新しいテクノロジーを使った実験的なビジネスを行ってみるべきなのかどうかです。

たくさんのマーケティング担当者が考慮するべき新しい市場は存在するのでしょうか。たくさんの方々がすでにお考えのことかもしれません。

今の時代は本当にオンライン上でのビジネスモデルに集中して行っている時代なのか否かです。現在の主流ともいうべきオンライン上でのビジネスですが、アマゾンのブックストアの開始、Uberのフードデリバリーサービスの開始などで成功し始めていることが、オンラインビジネスの方向性に疑問を投げかけています。

しかし、マーケティング担当者が2017年を見据え、来年のビジネス展開に向け計画を練り始めていると同時に、デジタル分野への正しい投資を行っていることを確信するために心得ておくべき手がかりがあります。そして、輝かしい成功のために顧客満足戦略を用意しておくことが大切です。

モバイルサイトが主である

あるレポートによると、36%のビジネスはモバイルサイトを持っていないということが判明しています。イギリスでは5人中4人がスマートフォンを所有しているといい、モバイルサイトを持たない企業が多すぎるこの状況は2017年を迎えるにあたり、ふさわしくないことです。

サクセスフルなモバイルサイトを持つことが次のチャレンジだとしましょう。しかし、それを持つことは容易ではありません。すでにモバイルサイトを持っている企業にとって今がそのサイトが消費者の関心を引き付けるために必要なすべての要素が含まれているのかということを確認するべき時です。

一番に考えるべきことであり、ずっと大切なことの一つに、モバイルサイトはウェブサイトの拡充であり、それはパワフルなオンライン上のチャンネルであるということです。モバイルサイトはカスタマーにとってその企業がどのくらいのサービスを行っているのかを知ることができるインジケーターであるということなのです。

モバイルサイトというものはウェブサイトの縮小版であっては無意味です。それはウェブサイトの持っている情報や機能を全て同じように持っている必要があり、利用者にとって、簡単に操作ができ、簡単に情報が得られるようにユーザーフレンドリーを徹底して行う必要があります。

何を表しているのかわかりやすいアイコンやツールバーを使ったり、スクローリングできるメニュー表示にしたりなどの工夫が必要です。 誰もが理解できるような文体で、論理的なレイアウトを伴った直感的なモバイルサイトを作るべきなのです。

見た目にもビビットであることは当然求められていますが、何よりも素早いローディングが行われるようにして、利用者に常に気持ちよくモバイルサイトを覗いてもらえるようにしなければなりません。

大企業のバンドワゴンに飛びつくな

最近のバーチャルリアリティー技術の発展によってマーケティング担当者は疑問を抱えるようになっています。この技術に対して、本当に投資していくべきなのかどうか。

しかしながら、テクノロジーが発展しているからといって、そのバンドワゴンに飛びついていくのは得策とは言い切れないというのです。 あるレポートが示しています。36%の回答者は彼らのビジネスはイノベーションに投資するべきであると。

ただ単にそのイノベーションが現在の主流だからという安易な理由ではなく、正当で、ロジカルな理由で投資を行っていると理解することが重要なのです。 53%のマーケティング担当者はマーケティングオートメーションソフトをイニシャル投資に対して使用していくことに困難を感じているようです。

もし新しいテクノロジーを導入しても、それを正しく使いこなせるスキルやトレーニングを正しく行える人材がいなければ、ビジネスにとって、新しいテクノロジーはリスクとなってしまうとも感じているようです。

すべての新しいシステムやツールは投資額が莫大になります。ですからマーケティング担当者はその新しいシステムなどが確実にカスタマーエクスペリエンスを拡充させることができると知る必要があります。

それを知るためにはITチームとの協力が必要です。分析を行い、新しいテクノロジーへの投資が妥当であるかを判断することが必要不可欠です。加えて、そのテクノロジーは顧客が欲しているものである必要があります。

顧客を第一に考えること

マーケティング担当者は顧客、そしてコンテントを考えるべきなのです。第一に、すべての投資は顧客目線で作られるべきだということです。どのようなコンテントを顧客が欲しているのか、そして彼らはどのようにそれを使いたいのかということです。

ベストなビジネスというのは、顧客と企業をよりよくつなげることができるような方法を見据えている企業のことを言います。ビジネスによって行なわれる投資やアドバンスメントは企業と関連している顧客のエクスペリエンスを豊富にするべきであることと、顧客に提供されるコンテントは顧客と企業の関係に関連しているべきだということです。

ポジティブな顧客との関係を気づくことと、顧客と企業の間の意見交換をより簡易に行うことができるようにすることが鍵です。 意見交換を行うことはマーケティング担当者にとって重要な時間です。しかし、今、戦略を設定してしまうことは短い期間と長期間の成功を導くことになるでしょう。

常に作られてきた産業の前進によって、次々に出現するインダストリートレンドはビジネスを困惑するべきではないのです。 ビジネスにとって、必要な投資は顧客との関係をより深く、広くする顧客経験戦略であるべきです。

これらの法則に従ったとしても、顧客との良好な関係を築くための計画は人のやる気を削ぐようなタスクではあってはなりません。そして、マーケティング担当者はすべての決断が顧客の利益につながっていると保証できるのです。


参考URL

http://www.marketingtechnews.net/news/2016/dec/16/marketers-what-digital-investments-you-need-make-next-year/