暗号通貨(仮想通貨)の効果とフィンテックとの関連性

437

暗号通貨(仮想通貨)はインターネットに於ける商取引に於いては、非常に重要なものとなっています。

通常の商取引に於いては国内の場合にはその国内の通貨、日本であれば円を利用して取引を行うのが一般的です。

これは売り手にとっても買い手にとっても同じ通貨が決済の基準となっているからであり、非常に取り扱いがし易いからです。

但し、国際的な取引に於いてはどちらの通貨を使用するかでその取引の利益が変わってしまうことが多いため、通貨の扱いについては大きな問題になることも少なくありません。

その為、国際的な取引に於いては便宜上ドルを利用するのが一般的となっていますが、相手国の都合によりどちらかに統一する都いったことも行われます。

但しこの場合にはレートの変動などにより不公平感を感じる場合も多く、取引の妨げとなってしまうことも少なくありません。

それでも実際の商取引では物品の受け渡しが行われることが多いためその現実性が不公平感を上回ってしまい取引が成立することが多いのですが、インターネットに於ける商取引は仮想的な取引であることが多いため、現実味がないケースも少なくありません。

その為、このインターネット上での取引を現実化するため、暗号通貨(仮想通貨)を利用した取引を行うケースが増えています。

暗号通貨(仮想通貨)はインターネット上で即座に授受が出来る通貨のことで、商取引の成立と同時に受け渡しがインターネット上で出来ることから、インターネット上の商取引を現実のものとし、後で代金の授受に於けるトラブルが発生するリスクを無くすという点では非常に有益なものとなります。

このように仮想的な商取引を現実的なものにするような金融的な技術をフィンテックと言います。

フィンテックに於いては暗号通貨(仮想通貨)は取引の根幹となる重要なもので、仮想的な通貨でありながら取引を円滑に行うと共に実際の商取引に近い商品と現金の引き換えと同等の取引が実現できる点が大きなポイントとなります。

インターネット上の取引はこれまで、商取引を行う上での契約を結ぶという面に限られていました。

実際の商取引は商品と代金を交換したときに成立するもので有り、インターネットに於ける取引は単なる契約という意味合いがおおかったのです。

しかし、フィンテックに於いてはインターネットの取引も重要な物であり、これを有効なものとするため暗号通貨(仮想通貨)を効果的に利用することで大きな効果を生み出しているといえます。