好きな場所に返却可能 ワンウェイカーシェアリングの「Car2go」

433
4台の車とペンでカーシェアリングと英語で記載している画像

Car2goとは何か

Car2go は自動車大手のダイムラーの子会社として2008年にドイツで設立されたワンウェイカーシェアリング(=借りた車は好きな場所へ返すことができる)に分類されるカーシェアリングビジネスを展開している会社です。

現在では8か国30都市でビジネスを展開し、その会員数は2百万人を超えました。ドイツのウルムという町でサービスを開始し、その後各国・各都市にビジネスを拡大。車両数の都市別ランキングとしては以下となっており、大都市を中心にビジネスを展開しています。


①カナダ・バンクーバー:1,275台

②ドイツ・ベルリン:1,200台

③オーストリア・ウィーン:800台


Car2goは様々な国でビジネスをしていますが、基本的なビジネスモデルは同じで、料金のみ各国・各都市によって違います。貸し出す車は2人乗り小型自動車スマート・フォーツー及びメルセデスベンツの2車種のみに絞っています。

Car2goの利用

ホームページより会員登録を行い、自分のスマホが鍵代わりとなり車の施錠を開けることができます。ガラスフロントに設置されているカードリーダーで読み込み、車のロックを解除します。

その際に、アプリで予約した車に乗ってもいいですし、空いていれば、予約なしで他の車に乗っても良いようになっています。

例えば町を歩いていた時、通りがかったところにCar2goの車があれば、自分のスマホが鍵代わりとなり、いつでもすぐにその車を利用できます。まるで町中のCar2goの車が自分の車のように扱えます。

車の種類は2種類しかなく、2人乗り小型自動車スマート・フォーツーとメルセデスベンツのみです。車の種類から考えると、主に町乗り用を想定しています。またガソリン自動車よりも電気自動車が多いのも特徴です。

最後に返却ですが、これがCar2goの大きな特徴で元の場所に返す必要がない仕組みになっています。

レンタカー会社では追加料金を払えば他の場所に返すことはできるのですが、カーシェアリングにおいて元の場所に返す必要がないというサービスは非常に珍しいです。

どこの町の中のどのCar2goの駐車スペースに返しても良いというサービスです。

Car2goの特長

料金が分単位での支払いになります。カーシェアリングでも最低15分からですが、Car2goは1分から利用できます。

例えば、カナダ・バンクーバーの料金では、スマートフォーツーで1分あたり$0.35です。一日借りると$50/日になります。(この料金は各都市によって異なります。)

また、予約不要で乗れるのも大きな特徴です。スマホをかざすだけで、どのCar2goの車のロックも解除でき、すぐに乗れるので、タクシーより便利かも知れません。

Car2goの説明によれば、利用者の平均利用時間は30分と短く、町の中の移動で使われることが多いのも特徴です。そのあたりはレンタカーにおける長距離移動とは差別化が図られています。

Car2goの今後

Car2goはカーシェアリングビジネスに分類されるのですが、他のカーシェアリングとは差別化を図る特徴を持っています。そのような特徴のため、Car2goの車は借りるというより町中にある自分の車を携帯電話を鍵にして、使うという方が正しいかもしれません。

Car2goは様い範囲での規模の経済を発揮して、はじめてビジネスとして成り立ちます。

例えばCar2goの普及しているバンクーバーでは成功していると言え、車が増えれば、利用者が増え、利用者が増えれば、また車が増えるという好循環を生んでいます。

逆のことも言え、利用者が減れば、車が減り、車が減れば、利用者が減ります。そのためCar2goが撤退した都市も数多くあります。

日本はどうでしょうか?まだ日本でのサービスを開始していないのですが、あまりビジネスチャンスはないように思えます。

その原因の一つとしては駐車場がない点です。海外の都市では路上に駐車できる場所も多くあり、路上駐車場も数多くあるため、駐車場費用が安くで済むため、低価格でのサービス提供が可能です。

日本では路上駐車は厳しく取り締まられ、また路上駐車場も多くありません。

2つ目の理由としては日本ではタクシーが普及している点です。Car2goの競合はレンタカー会社というよりはタクシー会社です。平均利用時間が30分と考えれば、タクシーが競合となりますが、日本ではタクシーの台数が多く、市場環境も厳しくなります。

Car2goのビジネスは、都市に関しての入念なマーケティング調査が重要であり、場所によって成功するかどうかが決まると言えます。

参考URL

https://www.daimler.com/products/services/mobility-services/car2go/
http://innovativemobility.org/wp-content/uploads/2016/07/Impactsofcar2go_FiveCities_2016.pdf#search=’car2go’
https://en.wikipedia.org/wiki/Car2Go
http://www.newyorker.com/culture/cultural-comment/joyriding-in-car2go
http://www.theverge.com/2016/4/8/11394296/car2go-shades-bmw-reachnow
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.car2go&hl=en