人工知能と個人情報保護

580
PCを見ているメガネをかけた女性

人工知能や情報管理に対する不安感をどのように沈めるのか。

最近アメリカの大手デパートメイシーズは人工知能をベースとした店内が他のアプリケーションのテスト運用を実施しました。
これは利用客が店員に話しかけることなく商品などに関しての情報を得ることができるようにするというものです。
他のデパートや大手化粧品販売店も人工知能による接客のテスト運用を開始しています。

人工知能と女性と個人情報保護

しかし、他のテクノロジーが発達した時の人々の反応は後ろ向きになりがちです。
特にこの人工知能が情報保護に関して利用されはじめた時などです。
顧客情報の漏洩、それがヒューマンエラーによるものやサイバーセキュリティー関係の原因であったとしても、リテイラーにとって致命的な事態です。

店側にとって、顧客情報というものはサービスを提供する上で必要不可欠な情報の集まりです。
様々な顧客情報を組み合わせることによってのみ、サービスは最高のものに高められます。

様々な顧客に関しての詳しい情報は単なる数字として店側に扱われなければなりません。
何故なら、もしこれらの情報は漏洩するようなことがあれば店側にとって、不祥事になりかねないからです。

これらの情報を数字化し、さらに暗号化して保護することによって、それらの情報の漏洩を防ぐことにもつながり、顧客に対して、より良いサービス、安心と信頼を提供することができるというわけです。

サービスを提供する過程で、顧客情報を一つ一つ単一のものとして扱い、それぞれに漏洩してしまう危険性を生じさせるより、すべてをまとめて一つのものとして扱うことで、それぞれの情報の特定を防ぐという方法が店側そして顧客側にとってウィンウィンの関係になるということです。店側には顧客から信頼が得られ、顧客は個人情報が守られているという安心感が得られるのです。