何が違うのか ビットコインとリップルコインの比較

807

仮想通貨にはいくつかあり、その代表的な存在がリップルコインとビットコインです。

同じ仮想通貨なのだから、どれも同じだろうと思いがちですが、この2つを比較すると、通貨の仕組みの違いやコインの上限量などで違いがみられ、その活用方法も異なっています。

まず通貨の仕組みの違いですが、ビットコインの場合、P2Pと呼ばれる仕組みで運用され、それに協力した人に通貨が渡されます。

こうしたことを採掘と呼び、この採掘量には上限が設定されていることから、そのイメージは金や銀などの鉱物のようなものとなっています。

P2Pという仕組みはお互いにデータ通信を行い、誰かのネットワークが落ちたとしても、別の人のネットワークとつながっている以上はそのまま続けることができ、参加者が多ければ多いほどつながりが増すというものです。

ビットコインは計算作業に付き合ってくれた人に渡すことで成長をしていくことができました。

一方のリップルコインは、単一の通貨ではなく、ブリッジ通貨として機能している点です。

つまり、リップルコインを介して別の通貨に変えることができるだけでなく、銀行への送金なども可能にします。

次にコインの上限量ですが、ビットコインに関しては2140年までに2100万枚という上限が設定されています。

短期間に一気に採掘が進み、通貨が与えられたとなると今ある通貨価値が値崩れしてしまうことになります。

そのため、採掘量を調整しながら渡していくという仕組みが取られており、突然のインフレを防ぐ狙いがあります。

リップルコインの場合は最初から1000億枚が流通している状態で、そこでやり取りが行われています。

それだけの上限の違いがあるため、1枚あたりの価値もビットコインであれば数万円程度、リップルコインであれば数円程度となっています。

ただ、上限を考えれば価値としてはそこまで変わるわけではありません。

活用方法の違いとしては、通常の通貨のように使うことができるのか、それともブリッジ通貨として使っていくのかというものです。

本来であれば同じ仮想通貨であり、競合の関係性にあるといえますが、実際にその活用法はまるで違い、仮想通貨で仮想通貨を購入するということも可能です。

そして、どちらも日本ではあまり活用できている人はいないため、日本での購入がさらにスムーズになっていく場合に、その時点から参加し始める人よりもリードできる状態、ノウハウを積んでいる状態であることは両者に共通しています。