京町屋の紹介、宿泊の体験談について

239
京都イメージ

◆京町屋に泊まる

京町家は、京都に昔からある、風情のある街並みにある、一軒家です。
そこでは京都の雰囲気を楽しみながら泊まることができます。
家族、友人、カップル、だれでも楽しみつつ泊まることができるはずです。

一棟貸しの憧れの宿から、ゲストハウスまで様々な様式はあるのも魅力です。
どこに泊まっても一つ一つ良い所があり、さまざまな魅力があります。

ホテルとも旅館とも違った滞在スタイルが魅力です。
古き良き日本の面影を残した建物に加え、まるで京都に暮らしている体験ができると最近は人気です。
しかも料金は安く設定されているため、節約旅行、長期旅行の方には嬉しい限りです。

そこで体験談として、私が泊まった施設を紹介しようと思います。

◆リノベーションされた環境

3階建てであり、リノベーションされており、中は新築と思ってしまうくらい綺麗な環境でした。
ロビーには、無垢のケヤキ板の大きなテーブルで食事や、ほかのお客さんと話をすることができます。

旅行に来ている方、京都住まいの方など様々な方がいるため、いろいろな観光の情報や、おすすめスポット、もちろん旅行以外のことも話すことができます。

朝食のみしか食事はありませんでしたが、周囲に食事スポットも多いため、十分楽しむことができました。
館内は、美しい坪庭があり、思わず立ち止まって見入ってしまうほどきれいな環境でした。
数寄屋造りや重文建築を模した茶屋造りなどの趣深い部屋が20室程度あるようです。

私は和室の部屋に宿泊しましたが、洋室の部屋もぜひまた行きたいと考えています。
和室の部屋は風情あふれる造りとなっており、足を伸ばしてゆっくりできる環境です。

また、部屋ごとにバス、トイレ付となっていました。大浴場はありませんでしたが、またほかの場所で入りたいです。
窓からも中庭や京都の街並みを見ることができ、緑あふれる景色を、ゆっくり堪能することができました。

◆ゲストハウスも

また、この他の宿以外には、ゲストハウスが多くあります。
築70~80年の建築物が多いですが、中は改修されており、外国人の方も多く宿泊されており、多くの国際交流も可能です。
ゲストハウスなら、素泊まり3000~付近からと、お値段も格安でリーズナブルに済みます。

やはりどの京町家も日本らしさが強く出ており、のんびりと、木のぬくもりを感じつつ過ごすことができます。
場所によっては日中は稽古する舞妓さんの姿が見えたり、三味線の音が聞こえてきたり、お得な気分です。
また、五条や祇園などの地区にも宿泊施設があったりと、観光にも最適な立地です。