京町屋の文化を楽しむためには地域情報を集めよう

333
京都イメージ

京町屋の風情はどこか懐かしい気持ちにさせてくれるものです。特に我が国では鉄筋コンクリートの建物の方が圧倒的に増えています。都心部程その傾向が顕著で、京町屋のような風情のある建物はなかなかありません。だからこそ観光地でも人気を集めるようになっているのです。

京町屋発祥の地、京都

日本全国にその姿を見ることが出来るのは、京町屋は元々京都から生まれたものだからです。かつて京都は日本の中心であったことは多くの方がご存知かと思います。文化など、様々な流行は京都から生まれました。

当時の建築技術では京町屋が最高の建物でもあっただけに、京都の町を見て憧れた領主たちが自分の領土も京都のようにしたい、という事で京町屋が全国各地に増えていきました。

時代も流れ、戦争や震災などによって京町屋が損なわれると、新しく建築されるものはどうしても時代に合わせた鉄筋コンクリートの物ばかりとなり、京町屋の姿を見かける機会が少なくなっていったのです。

そのため、京町屋を楽しめる場所も少なくなってきています。京町屋を楽しみたいのであれば地域情報にも目を配ると良いでしょう。

観光資源となる京町屋

京町屋の風情が残されているエリアを観光資源にしているエリアも多数あります。特に我が国では外国人観光客が増えています。

外国人観光客にとって、鉄筋コンクリートの建物は自国でも当たり前のようにたくさん見かけるものですが、京町屋は日本だけでしかお目にかかれないものです。つまりは外国人観光客にとっては京町屋の姿が貴重なものなのです。

それだけに観光資源になり得るものとして、地域としても保全だけではなく、観光客誘致にも力を入れています。地域情報に目を通すべきなのも、このような街が多々あるからに他なりません。

もちろん観光客だけではなく、文化的な価値のある物ですので保全に力を入れている自治体や地方もたくさんあるのです。風情だけではなく、歴史も知られるとあって日本人観光客も多いのです。

様々なところにある京町屋

このように、京町屋は案外多くの街で残されているのです。特別な物、あるいは京都にしかないと思っている人も多いようですが、実際にはかつての主流とも言うべき建築物なだけに、様々な場所でその姿を見かけることが出来ます。

どこにあるのかを調べるためには、地域情報はもちろんですが、歴史を紐解けばどこに残されているのかおおよその目星も付くでしょう。かつての城下町近辺等には多く残されているだけに、それらを探すと案外簡単に見つけられるのです。