京町家の風情が与えてくれる非日常感を楽しもう

437
京都建物イメージ

京町家が数多く残る京都

我が国では鉄筋コンクリートの建築が当たり前となってきており、京町家のような伝統的な家屋が珍しくなりつつあります。

特に都心部になると、京町家はおろか木造建築物の姿を見かける方が珍しいのではないでしょうか。今でこそ風情のある光景の象徴とも言える京町屋ですが、かつては日本家屋のスタンダードでした。

ですがいつしか時代の流れと共に京町屋は姿を消し、鉄筋コンクリートの高層建築物が増加しつつあります。そのため、京町家が多く残されているエリアは旅行でも人気エリアとなっています。

代表的なエリアはやはり京都です。京都にはまだまだ京町屋も多く、歩いているだけでも楽しい人も多いのではないでしょうか。外国人観光客も多く、街そのものが世界遺産との声もある京都は京町家も多々残されています。

外国人からはもちろんですが、日本人にとっても人気のスポットとなっています。そして京町家は京都以外にも多々あります。

旅行を楽しみたい。でも格安で、京都以外でと考えているのであれば情報収集も大切になってくるのは言うまでもありません。

「小京都」は全国各地に存在

京都はかつて都が置かれており、日本の中心として機能していました。それだけに、京都から様々な文化が発信されていたのです。京都の雰囲気を地元でも、と考えた領主たちは、京都に準えて街作りを行いました。

そのため、全国には「小京都」と呼ばれている、いわば京都を模した街がたくさんあります。そこには京町家も多数あるなど、風情を感じさせるスポットとなっているのです。

京都よりも格安で旅行を楽しめるエリアもたくさんありますので、京町家の雰囲気を楽しみたいのであれば小京都に足を運んでみるのも良いでしょう。

京都以外でも京町家を見ることができる

「小京都」と掲げている所もあれば、京町家が多く残されているエリアもたくさんあります。文化遺産として認定されている所もありますし、観光名所として栄えている所も多々あります。倉敷の美観地区もその一つに挙げて良いでしょう。

京町家が多く残されて立ち並んでいるので、まるでタイムスリップしたかのような気持ちを味わえます。京町家を楽しみたいと思うと、どうしても京都ばかりがイメージされるかもしれませんが、京町家が存在するのは京都だけではありません。

情報収集することによって、思いもよらないエリアに京町家が残されていると分かりますし、場所によっては格安での旅行も可能ですので、まずは京町家が存在するエリアの情報を集めてみると良いのではないでしょうか。