世界共通のプリペイドカード リップルコインの交換手段

285

商品を購入するときにはお金を使いますが、海外とのやり取りをする場合、その国によって独自に流通する通貨が違いますので、使えない通貨を持っていても商品を購入できません。

例えば、円を持っている人が、アメリカでドルで売られている商品を購入しようとしても、円では決済できないようになっています。円をドルに換金する必要があるのが、今までの常識でした。

この面倒な手間を解消してくれるのが、仮想通貨です。

話題のリップルも仮想通貨の一種ですがやや特殊で、リップルコインを購入することにより、ドルや円といった通貨、または別の仮想通貨に交換してサービスや商品を決済できるようになります。

今までのように通貨を外貨に交換する手間が減り、まるで世界共通のプリペイドカードのように決済できるのが、リップルコインの優れた部分です。

手軽さもあって、近年ではリップル以外の仮想通貨も続々と登場しています。

中には仮想通貨の仕組みを使って投資で儲けを獲得しようとする流れが見られますが、成功する人がいる一方で、失敗する人が多い点に注意したいところです。

リップルコインを利用した投資の話がよく聞かれるものの、リップル自身が投資には向かないサービスだと公表していることからわかるとおり、むやみに素人が投資目的で購入しないように注意する必要があります。

リップルの仮想通貨はあくまでも、商品やサービスを一般的な通貨よりも取引しやすいように工夫した仕組みです。

一応は仮想通貨の流通量に対して、円やドルの価値が変化するようにはなっていますが、価値が上がると過度な期待をするのはやめたほうがよいといえます。

通貨の価値は別の通貨に対して流通量が多い、少ないかによって変わってきます。

輸出入の変動や、通貨を発行する中央銀行が供給量を変更させるなどして影響を受けますが、仮想通貨は流通量が多いことから、あまり価値が高くなる期待ができません。

決済のやり取りが便利になるように供給量が増える傾向が高いため、むしろ価値が下がる可能性があることを覚えておきましょう。

また、サービスを提供しているのは国や金融機関ではなく、インターネット上の業者などですので、そこが突然サービスを停止すれば無価値になります。

法的な根拠がなく、保証が得られにくいといった特徴があることから、資産を大幅に下げるリスクが高まります。

リップルコインを提供するリップルの公式見解に従う形で、オープンソースの決済方法として便利に活用するのが、一番安全で賢い使い方だといえます。