リップルコインが持っている独自の特徴

244

仮想通貨の先駆けとして一世を風靡したビットコインと同様に使う事ができるのがリップルコインです。

独自の特徴があるネットワークを構築しているので、様々な通過と円滑に取り引きが完了できるように構成されているシステムであるとも言えます。

ビットコインがあらゆるメディアから注目され、利用者が右肩上がりになった事からわかるように、市場全体が活気づいているのですがリップルコインが特に注目されているのは、Googleが出資を明言したことが関係しています。

先見の明があるGoogleが出資したという事は、将来性があるという裏付けにもなり、俄然注目は集まっているのです。

現在、仮想通貨というのは数百種類にも及ぶのですが、ライバルが多いのにも関わらずリップルコインは時価総額ランキングにおいて上位に存在しています。

ランキングにて上位に居るという事は流通量が多めであるという事になり、安心感もあると言えるでしょう。

そもそも、こうしたシステムは2004年にカナダで活躍しているウェブエンジニアにより開発されました。

いくつもの独自の特徴があるのですが、銀行を介さないので手数料が不要であるという点や、パイオニア的存在のビットコインよりも決済が素早く完了し、たった数秒で完結するという強みがあります。

また、先駆けとなって登場したサービスを実際にウェブエンジニアが利用し、欠点だと感じられる点を洗い出して補った上でローンチされたとも言われているのです。

第一人者と比較した場合、当然歴史は浅いのですがローンチした期間を感じさせないほど猛追しているのは事実です。

実際に、定期的に発表される順位においては3位につけており、トップの座を奪い取るのも時間の問題であると言えるでしょう。

こうした競争の行方を眺めていても楽しいのですが、これらのサービスが今後近い将来世の中の仕組みを大きく変化させる可能性があるという点を今一度再確認すると、感慨深いものがあるでしょう。

このようなリップルコインは現金をやり取りする場合のように紙幣や硬貨を物理的にやり取りするわけではないので、仕組みがよくわからないという方が多いのも事実です。

独自の特徴を有しているので尚更不安に感じる方も居ますが、リップルコインにおいては世界中の通過の中心部に位置しているというイメージなので比較的認識が容易だと言えるでしょう。

こういった仕組みが送金もスピーディーになっている理由だと言えるのです。