マーケティングに不可欠な2017年のキートレンドは?

364
モバイルと動画は今後も成長

パフォーマンスマーケティングを補強するツールは企業に顧客に対してパーソナライズドされ、意味のあるエクスペリエンスを提供するデジタル戦略を実行することを可能にしています。

マーケティング産業に取り組んでいる企業として、どのようにパフォーマンスをするべきなのか、どのくらいの投資利益を上げることができるのかを、さらに効率的に、マーケティング活動にサクセスフルにレスポンドできるように2017年のトレンドに注目してくことが求められています。 以下のリストが2017年のキートレンドです。

動画

現在も動画分野のマーケティングは減速することがなく、来年度にかけても、この状態を維持するでしょう。2017年度にはさらに動画を使ったマーケティングは活躍を続け、利益を上げていくと予測できます。

ブランド内のイメージ戦略の一環として、動画を含むコンプレックスフォーマットを用いる企業が増えることも予想できます。 ある調査によると、2017年には69%の人々がインターネットを用いて、情報を得ることが予測されています。そして、ビデオオンデマンドだけでもその利用率は3倍になるであろうと予測されています。

モバイル

モバイル分野でのマーケティングは2017年度の熾烈な競争分野になるでしょう。パソコンを使うよりもモバイル機器を使って動画を見る率が高まり続けているので、来年度からはジオベースの広告とサービスをスペシフィックに顧客に提供する方法がトレンドになると予測されています。

顧客に対して的確な広告メッセージを送信して、そのままお店に向かわせるような広告の出し方がトレンドになります。さらに、AIやデジタルアシストの出現により、モバイル機器の使用率の増加はノンストップの状態になるはずです。

データとテクノロジー

データとテクノロジーはさらに多くのデータソースを顧客が入手することを可能にします。これはさらにデータ分析を向上させるでしょう。 データテクノロジーの普及によって、マーケットはさらに自動化が進みます。

プログラム

プログラムに沿ったマーケティングビジネスへの関心は年々高まり続けています。そしてある調査は2017年度にはプログラムによるマーケティングが31%にまで増加すると予想しています。

マーケティングのエコシステムは今までにない以上に洗練されているので、来年度になってもこの状態を維持するでしょう。 プログラムベースのマーケティングは現在存在しているメディアの高いクオリティーによって、加速が続けられるとされています。ですから、さらに高い投資利益を生むためにはより大幅な投資が求められます。

戦略

データとテクノロジーの向上のそばで、ビジネス戦略全体の再構成を行う必要があるかもしれません。なぜなら、オンラインとオフラインの統合やバリューチェーンの構築にように、オムニチャンネルによる戦略が必要となるからです。

統一されたダッシュボードを使って、すべての支出と集中したメディア内のパフォーマンスを対比した状態での情報の把握が不可欠です。この分析がどの支出がどのパフォーマンスを生み出しているのかのアトリビューションの管理をさらに正確にできます。

創造性

2017年度には、アドブロッカーの出現によりオンラインでの広告表示に障害が発生している問題に対して、クリエイティブでイノベイティブな広告方法が広告産業内で何か別の新しいアプローチがあるのではないかと期待されています。

企業はコンテンツのフォーマットをさらにクリエイティブに見、現在の障害に対して打開策を模索するべきです。この試みが広告のクリエイティビティーとデザイン、実行の全てに関して、向上をもたらすであろうと予測できます。

詐欺犯罪

現在、アドインジェクターの広まりなどに紛れて、モバイル機器の乗っ取りが問題視されているように、モバイル詐欺犯罪は社会問題となっています。 一般のモバイル機器は詐欺師にとってかっこうの標的とされています。

なぜならアプリストアの承認の後でも悪意のある広告を送ることを可能にする設定にモディファイすることができるからです。2017年にはヒューマンインプレッションの可視化を開始する予定です。

全体として、2017年はマーケティングにとって、ビジネスに関して効果的なデシジョンを下していくツールを使いこなしていく年となるでしょう。この一環が統一されたダッシュボードとなり、オンラインとオフラインのマーケティング戦略の全体像を見渡す大きな要素となります。

モバイルと動画の成長は続きますが同時に、詐欺犯罪の容易にしてしまうこととインカミングデータを効率的に分析することに重点を置いて前進するべきです。どの新しい年でも、マーケティングは新しい波にうまく飛び乗る必要があります。さもないと、リスクが取り残されてしまいます。


参考URL

http://www.marketingtechnews.net/news/2016/dec/15/so-marketers-whats-store-coming-year/