ブランドイメージを強化するデータの使い方

183
データ収集

自分で自分の企業をどのように定義していますか。
その見方はお客様からも同じように見られていると思いますか。
自分でどう思うのかと人からどう思われるのかは全く別物です。 ブランドイメージをどのように構築していきますか。顧客のニーズや彼らが本当に何を欲しているのか。それとも将来のことも同様に考慮していった方がいいと思いますか。 まずはどこから始めるべきでしょうか。

・リサーチ
ブランドイメージを発展させるときに一番大切なものと言えるのはリサーチでしょう。しかしそれはしばしば見逃される傾向にあります。ときに起業したてのときに。顧客に関しての理解を深めていくことはまずはじめに考えるべきことです。もし企業が顧客を理解していなければ、なぜ顧客が欲しいものを提供することができるでしょうか。すべてのビジネスにおいて、合理的なコミュニケーションは不可欠です。

しかし、人を惹きつけるような感情的な提案も競合他社とのビジネス争いに勝ち、ユニークなサービスを提供できる体制であることが重要です。 結局は人々がなぜあなたの商品を購入するのかという合理的な理由です。それは顧客の家をきれいにする。顧客にパートナーを見つけるサービスを行うなど。

顧客がなぜあなたの商品を買うのかの理由には常に意思決定プロセスがあるわけではないということです。 合理的な意思決定によって顧客が商品を購入することはすべての場合には当てはまらないのです。ほとんどの場合、感情が大きなファクターであることに間違いありません。 自分の商品に感情的な要素を付属させることが競争に勝つことを意味します。そしてその商品にユニークな物語を付け加えることで顧客獲得を達成できるのです。

この達成には、まず企業はじぶんの大きな的となる顧客グループを特定する必要があります。特に出会い系サイトにおいて、顧客それぞれの人生の段階を理解することが重要です。彼らが何を探しているのか、彼らの意見は何なのか。商品に関して理解を深めても、対象の顧客に関しての理解を深めなければ、その商品に物語を付属させることはできません。

出会い系サイトというサービスはどのサービスと比べても、一番の感情に基づくサービスを提供していると言えるでしょう。結果として、出会い系サイトを利用しようか迷っている人を含むすべてのオーディエンスの深層心理を理解することが質の良いマーケティングとその商品やサービスを利用しようか決定する材料となるのです。このリサーチをしなければ、あなたの企業が相手に指定顧客は一体何なのか、何が欲しいのかを理解することはできません。

もし今現在、基礎的な顧客がいるならば、それらの顧客に対してインタビューやアンケートを行うことは絶対必要条件です。つまり、すでに獲得している顧客と潜在的な顧客両方に関して、それらは別のものであるという考えのもと調査を行うべきであり、さらに重要なことは、それらはキャンペーンやブランドからのメッセージに対して全く違うリアクションをするということを理解しておく必要があります。 ですから、すでにいる顧客にだけメッセージを送ることに集中するのは間違いです。

潜在的にあなたのサービスを必要と思っている人々や、まだあなたの製品やサービスを使ったことがない人々にメッセージを届けることも重要です。これらのグループを理解することが大きな市場に対して製品やサービスを効果的に進めていくことにつながり、企業を成長させることに大きくつながります。

例えば、エリートシングルズという出会い系サイトは登録者の91%が大学を卒業していることを売りにしています。このようにどのグループにフォーカスするのかを研究することは非常に重要です。ユーザーが現在から将来にかけて、どのようなニーズを持っているのかに関して深い理解を得ることにつながります。

しかし、起業し始めの時にはこれらの深い調査を行えるだけのデータがないのが通常です。この事実が起業したての企業には痛手になりますが、どの市場でビジネスを行っているのかを調査することは成功の扉を開くカギです。

この調査に関して、2−3の基本的な質問に答えるだけで満足するのは無意味です。それぞれの市場を徹底的に調べること、顧客層の年齢、性別、収入、都会住みそれとも田舎暮らしなのかという分類を行い、自分が得たい情報を導き出していく必要があります。 もし、手元に信頼できるデータがない、あなたが得たい情報に対しての確実な答えを含んでいないのであれば、そのまま覚悟を決めて進んでいくしかありません。時間は限られているのです。自分を信じることしかできません。

しかし、推測によって、顧客が何を欲しているのかを理解しようとするマーケティング方法は危険です。ですから常に情報を得ようと努力し、それが得られればビジネスにアプライしていくことが大切です。 オーディエンスを知ることはパズルの一つのピースでしかありません。

・自分の産業を知る
ブランドイメージを最強にするためには目立たなければなりません。この達成には、まず、あなたの産業の中でいったい今何が起こっているのかを理解することです。リサーチなしに、競合他社とあなたのブランドを区別することができるのでしょうか。 市場内で社会的、金融的そして技術的な変化が起こっていることに気づかなければ、自分の商品やサービスにどのような影響があるのか理解することはできません。これはあなたの事業が長い期間生き残れないことを意味します。 企業のアイデンティティーを確立することは重要です。しかし、そのアイデンティティーをフレッシュでユニークに刻々と変わり続けるビジネスの世界においてキープすることはプールの中で泳げることを意味します。アイデンティティーを持つだけでは沈んでいくだけです。

それではなぜ私たちはデータを集めるのでしょうか。何を達成できるというのでしょう。ブランドのアイデンティティーを基礎固めすることとリサーチが効果的で対象を絞ったキャンペーンと一貫したチャンネルを提供する道を舗装することを理解していると思います。マーケティング部門にとって顧客データが評価できないものであると判断されれば、見逃されがちです。 顧客がどのような物語を欲しているのかを理解すれば、潜在的な顧客に対して、関連性のあるマーケティングメッセージを届けることができます。

これはただのマーケティングチームが利益を得るという簡単な話ではありません。商品、ITやカスタマーサポートなど、これらはすべて顧客分析とフィードバックを用います。ビジネスロードマップとどこに資金を投入するべきかを決める目印となるのです。 顧客はあなたの商品を毎日使います。彼らがあなたの商品に命を与えるのです。彼らからのフィードバックを使うことで、これらの部門はどこを最優先事項とするべきなのかを決定できます。 常に情報をチェックし続ける必要があります。既に手に入れているたくさんの情報で満足してはいけません。顧客が欲していることや市場は常に変化し続けています。


参考URL
http://www.marketingtechnews.net/news/2016/dec/05/how-use-data-build-brand/