フィンテックとは(仮想通貨との関係性)

531

フィンテック(Fin Tech)

最近、聞かれるようになってきたフィンテック(Fin Tech)という言葉は、ファイナンス(Fainance)とテクノロジー(Technology)の二つの言葉を組み合わせて作られた造語です。


フィンテックとは

「ファイナンス」の意味は「金融」で、「テクノロジー」の意味は「技術」です。

「フィンテック」とは、「IT技術を駆使して生まれた新しい金融サービス」のことをいいます。

ファイナンスとテクノロジーでフィンテック

スマートフォンを使う決済や資産運用、ビッグデータ、AI(人口知能)などの最新技術を駆使したサービスもフィンテックと呼ばれます。

さらにフィンテックは、「金融IT」とか、「金融テクノロジー」と呼ばれることもあります。

最近では「金融IT分野のベンチャー企業」のことを「フィンテック企業」と呼ぶこともあり、IT技術を使って生まれた新しい金融サービスそのものを指す場合と、その分野に属する企業を指す場合とがあります。

ちなみに、フィンテックは、日本でつくられた和製英語とは違い、元々米国で生まれた言葉なので英語でもきちんと伝わります。


様々なサービス

フィンテックのサービスをあげてみると、多数あります。

まず、代表的なものは家計簿で、クレジットカードの明細や、電子マネーの利用履歴などをまとめて自動で家計簿をつけてくれるサービスがあります。

銀行口座の残高や、支出の内訳なども一目で把握できるようになっているなど、とても便利に使われています。

また、個人事業主や中小企業の会計ソフトとしても活用されることがあります。


その他には、スマートフォンでクレジットカードの決済ができるモバイル決済が有名です。

iPhoneやAndroid携帯などに小さな器具を取り付けるだけで、決済ができるサービスで、おサイフケータイなども携帯電話と電子マネーが融合したサービスです。

従来は、クレジットカードの決済端末の機械と電話回線とをつなぐことで決済が行われていましたが、モバイル決済では携帯電話の電波で決済ができるようになりました。


このように、フィンテックは今後を担う様々なサービスへの影響があり、仮想通貨の一つであるビットコインもフィンテックがなければここまで普及しなかったとまで言われています。