ビットコインで日本初の逮捕者

604

ビットコインの不正搾取による、「電子計算機使用詐欺」などの容疑で3名の逮捕者が出ました。

「ビットコイン取引所に対する詐欺事件の逮捕者」は「日本初」となります。

shutterstock_374227129-1

同容疑者達は2016年1月、静岡県に住む女性の運転免許証のデータと他人のカード情報を使って、他人名義のアカウントをつくり、約60万円相当のビットコインなどを購入した疑いがあります。

インターネット上で貸金業者を装い、静岡県に住む女性から、運転免許証の写真を入手したようです。

ビットコインは、東京都渋谷区のビットコイン取引所などから購入したようで、その女性の免許証の写真を使い、女性に成りすましていたと言われています。

不正購入したビットコインはその後、現金化されており、同様の手口で、計数百万円分のビットコインを詐取したとされています。

取り調べに対し、同容疑者達は「借金を返したかった」と容疑を認めています。

shutterstock_191433908-1

ビットコインは匿名性が高い為、一般的には追跡が困難とされています。

ビットコインの取引履歴の解析で、詐欺を明らかにし、摘発に至ったのは全国で初めてとなります。

今後の暗号通貨のセキュリティ対策に期待が持てます。