シリコン3Dプリント

541
3Dプリンターのシリコンを握っている

3Dプリンター製造のKeyence、シリコンベースでの製造を紹介。

週を追うごとにつれて、3Dプリンターの材料のオプションが増え続けて行っています。
そして継続的に成長を続ける3Dプリントの業界は新しいアプリケーションや製造技術を3Dプリント技術に利用しています。
近頃、ドイツの工業用3Dプリンター製造会社のKeyenceが最新のマテリアルの発展を発表しました。その材料とはシリコンです。

Keyenceはこのシリコンを用いた3Dプリンターの製造をコキュ悪からのフィードバックやこの業界のさらなる可能性を探る上で、耐久性に優れ、ゴムのようなマテリアルを用いた3Dプリントの可能性に着目したのです。
この新しいマテリアルを使った3Dプリント技術はKeyenceにとって今後の発展の試金石になっています。
この新しいマテリアルはこの企業が開発したインクジェット3Dプリント技術と組み合わせて使うことにより、シリコンの粒を自由自在に並べることを可能にし、紫外線を照射することで柔らかい状態で並べたシリコンを硬化させることが可能になりました。
この方法で様々なものをプリントするとその精度は格段に上昇します。3Dシリコンプリンティング技術は既存のプリンティング技術に勝る技術と言えます。

3d-printer-manufacturer-keyence-makes-actual-silicone-3d-printable-2

もちろん、以前にもシリコンに似たマテリアルを用いた3Dプリント技術は開発されていました。
しかし、実際にシリコンを用いて3Dプリントを行うことは非常に困難でした。
なぜなら、シリコンというマテリアルの性質上、非常に柔らかく、ゴムのような性質があったからです。

そしてこのシリコンを用いた3Dプリント技術には広い可能性が期待されています。
様々な形を作り出すことが可能なので、凹んだ形状や突起物を作り出すことも可能になり、他の3Dプリント技術に引けを取らない精度を提供できるのです。

これらの可能性から導き出されるシリコン3Dプリント技術の可能性は無限大です。
精密機械の内部でクションの役割をする部品に使用されたりするなどの可能性もあるのです。
シリコン3Dプリントのスピードは今までの3Dプリントの製造スピードをさらに上回っているので、様々な分野の部品などにより早く使用されることが予測されています。