グリーン投資減税とは

817
グリーン減税で税金を乗り越える

太陽光発電や風力発電を運用するとグリーン投資減税の対象に

クリーンエネルギーとして注目されているのが太陽光発電や風力発電ですが、これらを運用することでグリーン投資減税の対象になります。

事業でクリーンエネルギーを取り扱う者にとっては節税効果があるのが魅力です。

税額控除が適用されるものとして、3種類が用意されています。


1つ目が、産業用に設置した太陽光発電などの取得費用に関して、全額を直ちに償却することができるというものです。

2つ目が、最初の年に発生した設備取得費用に対して30%を、2年目以降からは5%の償却が認めてもらえる内容です。

最後の3つ目として、設備取得費用の7%分を税額控除できる方法が用意されています。


全ての方法が適用されるのではなく、この中からいずれか1種類だけを、自分自身で選ぶ流れです。

グリーン投資減税は法人や個人事業主が対象

償却の金額については計算が必要です。

設備取得費用を耐用年数で割って算出した金額です。

耐用年数は太陽光発電の場合でおおよそ15年から17年です。

管轄する税務署の方針によって異なりますので、事前に調べる必要があります。

グリーン投資減税は太陽光発電や風力発電で事業を行っている者が対象ですので、個人が住宅に設置したものではこの制度を使った節税はできません。

青色申告をしている法人や個人事業主に対して適用されます。

とても素晴らしい制度ですが、1つ目の取得費用の全額を直ちに償却する方法については、平成27年3月末日で終了しています。

生産性向上設備投資促進税制とは

代わりに登場したのが、生産性向上設備投資促進税制という制度です。

太陽光発電の場合だと、優遇策として2種類が存在します。

1つ目が、設備取得費用の全額を直ちに償却でき、5%の税額控除が認められるものです。

この方法は、平成28年3月末日までに事業として開始できる設備に対して適用されます。

2つ目が、平成28年4月1日から平成29年3月末日までに適用されるものとして、設備取得費用の50%の特別償却と、4%の税額控除があります。

この条件にあてはまるには、青色申告をする法人や個人事業主であるのと同時に、設置することによって生産性向上が分かる状態でなければなりません。

生産性向上が分かる判断として、生産性向上として1%以上の結果があり、設備メーカーが提供する最新のものに投資する必要があります。

もしくは15%、中小企業であれば5%の投資利益率がある設備投資をした場合に認められます。

投資する費用に関しても定められていますので、専門家の意見を聞きながら節税対策に役立てたいところです。