クリックや画面を触る必要がなくなる未来「The Eye Tribe」

262
女性が視線で何かを操作している画像

FacebookとOculusが最近買収したスタートアップ企業があります。

その名もThe Eye Tribe。

デンマーク・コペンハーゲンが拠点です。

事業内容は人間の視線をトラッキングする技術を用いたデバイスの開発・製作・販売を行っています。

パソコン画面前面にこのデバイスを取り付けることにより、人間の目がどこにあるかを認識し、その動きを追うことが可能です。

同社は今までに(スタートアップの登竜門である)スタートアップ・ブートキャンプを含め約300万ドルの融資を獲得しており、デンマーク国立高度技術振興財団からも230万ドルの投資を受け取っています。

人間の視線をトラッキングできるようになると、どのようなことができるのでしょうか。


・料理などの手作業をしているときに、汚れた手で触らずとも視線だけでレシピ本が観れるようになる

・ALS(筋萎縮性側索硬化症)などといった障害で身体付随がある人で、目を動かせるのであれば文字をタイピングすることで意志表示をすることができる

・ゲームをコントローラーなしでプレイすることができる

・ページをめくる動作をせずに本を読むことができる


まだ可能性としては様々なものがありますが、例として何点か挙げてみました。

現在OculusはVRヘッドセットの開発をしており、今回獲得したThe Eye Tribeのアイ・トラッキング技術を活用することで、より現実に感じさせることができるVR体験をすることができるようになると期待されています。

The Eye Tribeが最初にリリースした製品の価格は99ドルで、こちらは技術者向けのキットでした。

今回販売されるのが、誰にでも使えるアップグレード版で、価格は199ドル。

従来のアイ・トラッキング製品の相場が約2万ドル前後なのを考えると、非常に魅力的に映ります。

2014年に同社が目指していることとして、ハードウェアメーカーとパートナーシップを結ぶことで、製品が単体で購入されるより、パソコンやタブレット端末に製品があらかじめ搭載された状態で販売されることを挙げていました。

ここ最近の流行として、アイ・トラッキング技術はVR技術と密接に関係しており、ユーザエクスペリエンスの向上のため両方を組み合わせた製品が次々と登場しています。

つい先日のニュースでは、FOVEというアイ・トラッキング技術を持つ日本の会社が、すでにアイ・トラッキング技術搭載のヘッドセットの販売を開始したことが話題となっています。

今回のOculusからの獲得により、目指していたことに近づいたのではないでしょうか。

VR業界の隆盛とともに、アイ・トラッキング技術も成長していくことでしょう。また、いずれパソコンにマウスやキーボードがいらなくなる時代も近いかもしれませんね。

参考URL:
http://theeyetribe.com
https://techcrunch.com/2016/12/28/the-eye-tribe-oculus/
https://techcrunch.com/2016/03/23/eye-tracking-virtual-reality-startup-fove-raises-11m-series-a/
https://www.crunchbase.com/organization/the-eye-tribe#/entity
https://techcrunch.com/2014/01/08/the-eye-tribe/