カナダ空港の分析記事

75
どこかの空港の写真

空港は地域の発展にとって良い隣人であるべきだ。

カナダは世界の中でも移民の受け入れに関して指折りの寛容な国の一つです。

今までに三万人以上のシリア難民を受け入れてきた事実があるからです。

だからこそ、カナダのような建国されて間もない国は諸外国から流入してきたニューカマーによって形作られていると言っても過言ではないのです。

綺麗な夕日に空港と待合と飛行機

この現実は、カナダが諸外国の移民政策などをどのように成功させることができるのかなどのアドバイスを与えることができるということです。

カナダ国内で一番大きな空港の周辺は新しくカナダに住み始めた人々のコミュニティーによって囲まれています。

彼らは働く意欲や成功したいという夢を持って生活しているのです。

彼らはただ単に日々の生活を続けていくためだけに働く機会を探しているのではないのです。

彼らにとって、空港という場所が死諸外国や別の場所からのニューカマーを受け入れ、さらにコミュニティーを成長させるという目的を叶えるためのユニークな機会として存在しているという分析を可能にします。

ですからそれぞれのコミュニティーは共存関係にあると言え、一つのコミュニティーがなければ他のコミュニティーは成長しえないということです。

空港に求められている役割はただ単に空の交通網の充実や観光客の増加だけではないのです。

空港に求められている重要な役割はその周辺に住む人々、コミュニティーに十分な仕事の機会を与え、生活水準の向上を促すことなのです。

このような空港の重要な役割はすでに多くの空港で重要な課題となっていますし、周辺のコミュニティーから他言語を操る能力がある人を雇ったりするなど、様々な能力や技能がある人々を大勢雇う必要に迫られているのです。

世界の中でも有数の大規模空港は、五万人に及ぶ従業員を抱えています。

これら従業員の多くは空港の周辺に居住している率がとても高いのです。

ですから空港がこれら周辺コミュニティーをサポートしていくといった現象が必然的に発生しているものと言えるのです。

空港は周辺に存在する様々なコミュニティーに住む人々によって支えられています。

ですから、空港にとってこれらのコミュニティーの発展をサポートすることは空港と従業員の共同的な成長戦略と言えます。

移民政策にとって重要なことは差別をしないということだけではなく、そこに移住してきた人々の能力、技能をどのように活用し、そのコミュニティーの成長に参画させていくのかという非排他性、様々な違いを乗り越えて、力を合わせて成長していくという戦略が必要なのです。