インスタグラムの成功例のように新しいプラットフォームを成功に導く方法

279
メディア

ヴァーチャルリアリティーや拡張現実のコンテンツからインフルエンサーマーケティングまで、メディア内での新しい発明や実行は新しい形で企業に情報発信の行う事を可能にしています。 これらの方法はマーケティングの専門家をさらにクリエイティブにも有利にもしています。そしてブランド構築する専門家にとっても、これらの方法は有利に活用できるのです。

インスタグラムの写真や文章などがアップロードされた24時間後にはそのポストは消去されるExploreタブはそのシステムの特異性から新たな物語を生み出し、企業やブランドは新しい顧客を獲得にどのように活用できるのか興味を示しています。

Exploreタブの機能として特徴的なのは、ユーザーがフォローしていないインスタグラマーからの写真や文章などのコンテンツを受け取る事を可能にしている点です。これほど簡単に新しいコンテンツの発見を可能にするソーシャルプラットフォームは他には存在しないので、ブランドや企業にとっては新しい顧客を獲得することや企業イメージの増大に関して非常に大きな好機となると論理上ではいいます。

しかし、このような画期的な方法にはリスクもあります。ブランドや企業が効果的に準備を行わず、新しいマーケティングチャンネルやツールで用いるデジタルアセッツを適切に管理しなければこの方法を用いてマーケティングを行っても無意味になってしまいます。

・多すぎる内容、多すぎるチャンネル
ここに大きなリスクがあると言える理由は現在マーケティングを行う人々が処理するコンテンツやチャンネルの数の多さにあります。例えば、ある調査によれば、50%のマーケティング担当者は効率的に処理できる以上のコンテンツを持っているというのです。そしてメディアで取り上げられる様々な商品やサービスの情報が次々に移り変わるので、ブランドや企業はそれらの流行に常に追いついていなければならないということもリスクに成りえます。

現在、視聴者がメディアに密接につながっているということを踏まえると、的確に処理できる能力以上のコンテンツを持っていては、それらを視聴者にその時期に合致した情報を提供できない可能性が増大します。 この問題を解決するために必要なことはデジタルアセット管理とそれに伴うコミュニケーションと協力です。過去において、企業ブランドはロゴやスローガンのみで表されてきました。 しかし現在は企業はマーケティングエコシステム全体で協力してビジネス展開を行っていく必要があります。

これはオフィスから地球全体にわたる大規模な展開です。メディアは決して眠りにつきません。国際ビジネス戦略チームはチャンスをすぐにつかむことができる準備を整えておく必要があります。 個々のプロジェクトに関してコミュニケーションを円滑に行うことができる環境とプロジェクトを前進させなければならない重要なときに決断できることが企業にとって、国際的なビジネス経験に基づいて彼らのマーケティングコンテンツを整理できるようにし、別々のチャンネルや市場にそのコンテンツを拡散するときにその内容が薄まることを避け、どのチャンネルでも同じレベルの内容を提示することができるようになります。

・共同性、一貫したキャンペーン
ブランドの伝える情報が一貫していることを確保するために、マーケティングチームはSnapchatの成功例を現在のキャンペーンに付随できるものとみなしてはいけません。 企業は新しいツールをさらに広いビジネス戦略に統合できるように俊敏な決断を下す必要があります。

企業内において厳格なガイドラインや一致した企業戦略を用意しておくことは、企業内のそれぞれのチーム間のコミュニケーションを首尾一貫させ、刻一刻と移り変わる社会風潮や流行に素早く反応することができます。 企業はすでにインスタグラムのコンテントでターゲットにされています。彼らを直接フォローしている人々やフォローはしていないけれどその企業のブランドのファンである人々によってです。 この状態があるからこそ、企業は自社のパーソナリティーを保持することやガイドラインに沿ってコンテンツを制作していることを不特定多数のドーディエンスにアピールする必要があります。

これはその企業に属する社員全員が企業のブランドがどのような意味を持っているのかを理解しておく必要があることを意味します。この状態が、企業資産を企業が保持でき、逆転の発想の新しいコンテンツが必要とされた時にも企業の資産が守られます。 マーケティング担当者はどのコンテンツが制作できて、どれができないのかを選別できる立場だからこそ、慎重でなければなりません。

ブランドの統一性を守るという新しい機会を与えるマーケティングチャンネルを用いるために、チームメンバー間のコミュニケーションを活発にする企業内のヒーローとして存在できるのです。


参考URL
http://www.marketingtechnews.net/news/2016/dec/05/how-succeed-new-platforms-instagram-stories/