なぜ京町屋の宿泊施設は外国人から人気を集めているのか

466
旅行客イメージ

訪日外国人の数が急成長し、我が国はいつしか観光大国へと成長、2013年に訪日外国人旅行者数が1000万人を突破し、インバウンド、インバウンド需要といった言葉をよく耳にするようになりました。

その数はとどまることを知らず、日本政府観光局のデータによると2015年は1973万人、2016年には2400万人と円安を背景に観光大国として成長を遂げつつあります。外国人観光客が日本に求めるのは一体なんでしょうか?

キーワードは、「和文化」です。

訪日外国人旅行者は日本独自の文化を求めている

発展途上国の成長化、グローバル化の影響、めまぐるしく世界は変化しています。
さて、訪日外国人旅行者は日本での日本旅行において何を求めているのでしょうか。

例えば、日本でなければ購入出来ない物、体験出来ないこと、楽しめないこと。異文化体験や経験に興味がある外国人観光客も多いのです。

宿泊施設も同様です。どの国でも見かけるような洋式のビジネスホテルではなく、京町屋テイストなホテルの方が外国人観光客にとっては魅力的なのです。

外国人観光客は日本の旅行者同様、予算の問題もあります。一方、予算はあっても宿泊施設には寝に帰るだけなので、それこそゲストハウスでも良いと考えている外国人観光客も珍しくありません。

日本らしさを求める訪日外国人観光客

宿泊施設でも日本らしさを感じられる所を、と求める外国人観光客も多い中、京町屋を利用した宿泊施設が脚光を集めています。京町風情を感じさせる宿泊施設は日本独特の味わいがあり、外国人観光客に人気となっています。

自分の国の宿泊施設ではまず利用出来ないサービスなだけに、日本にやってきたら京町屋なテイストの宿泊施設に、と考えている外国人観光客はとても多いのではないでしょうか。

ゲストハウスも同様です。ゲストハウスは決して高額なサービスではありません。もしも京町屋テイストなゲストハウスがあれば外国人観光客にとってはとても魅力的なものでしょう。

この背景にあるのは外国人観光客の日本への旅行の意識の変化が挙げられます。旅行業界・観光業界では既にお馴染みのフレーズ、「モノからコト」がテーマなのです。

インバウンド旅行客の日本体験とソーシャルメディア

一時は「爆買い」とも呼ばれ、話題となった訪日外国人による日本国内での「インバウンド消費」。

最近では消費行動の変化が目覚ましく、先述の「モノからコト」、すなわち消費から体験へとシフトしています。さらに日本ならではの体験をただ楽しむだけでなく、それらをスマートフォンのカメラに収めるフォトジェニックな体験、同時に、ソーシャルメディア映えする体験が人気となっています。

どこででも見かけるビジネスホテルのベッドに宿泊するよりも、和なテイストを感じさせる京町屋の宿泊施設の方が日本文化を満喫出来るだけに、外国人観光客から人気を集めているのも当然のことでしょう。

観光大国としての成長が目覚ましい我が国では、「おもてなし⼒」、そして、和の風情を取り入れた宿泊施設に今後は需要が伸びていくと考えられます。