あなたのビジネスがしている10個のウェブサイトに関する失敗

280
Webデザイン

ウェブサイトが効率的に作動していない原因

ビジネスを行う上で、ウェブサイトを持つことはもうすでに普通のことになっています。普通のことというよりも、ウェブサイトは絶対必要なものとしてみなされているのです。

しかし、ウェブサイトを作成するのに投資したからといって、顧客とさらに密接につながることや、売り上げを向上させることに本当に効率的に作動しているのかといえば、そうとは言えません。

なぜ、あなたのウェブサイトが効率的に作動していないのかというこということに関しては幾つもの要因を指摘することができます。次の10個がウェブサイトの非効率性の主な要因です。

モバイルフレンドリーでないこと

初めて、モバイルとタブレットの使用率がデスクトップ使用率を上回ったということがニュースとしてありますが、驚くべきことではないでしょう。

世界中でモバイル革命が続く中、デジタル化という概念に対しての前進は続いています。他の言葉で言い表せば、インターネット消費はデスクトップから携帯型デバイスの領域に移り変わっているのです。

このことから、ビジネス内容をオーディエンスに伝える方法のウェブサイトというものをモバイル機器で視聴できるように設備を整えなければなりません。

残念なことですが、まだたくさんの企業がモバイル機器に対して適応していないウェブサイトを利用している現状があります。これは顧客とのコミュニケーション率を下落させ、顧客に対して満足度の低いエクスペリエンスを経験させてしまうのです。

モバイルユーザーに対してウェブサイトが見やすくなっているのを確認するために、そのデザインがユーザー側にとって使いやすく、見やすくなって胃rのかを確認することが重要です。大きなボタンを表示しているのか、レイアウトをシンプルにしているのかなどを確認して、グーグルのモバイルフレンドリーテストを試してみることをお勧めします。

難しい用語を使いすぎている

ウェブサイト上で、自社のビジネス内容を説明する時に専門用語を多く使用して説明した方がその企業自体の専門性などを証明できることは間違いありません。

しかし、同じ分野の他企業に対して説明するためならまだしも、一般のオーディエンス向けに作成したウェブサイト上で専門用語をたくさん使ったところで、本当に理解をする知識を持っている人々の数は本当に少ないと言えるでしょう。 専門用語の使用を極力避け、シンプルで率直な言い回しで顧客が簡単に理解できるようにするべきです。

コンテンツの欠如

顧客が製品やサービスなどで問題を抱えているとします。彼らはその問題を解決しようとウェブサイトのよく聞かれる質問の欄にたどり着きます。

ここに顧客が抱えている問題を解決できる最新の情報を取り揃えておくべきなのです。さらに言えば、ブログを開始してコンテンツを充実させることがSEO対策にもなりますし、マーケティング努力を実らせる大きな要因になります。

エッセンシャルな情報を隠すこと

生活をより豊かにする情報を見つけ出すことに加えて、顧客がスペシフィックなビジネスを探しているのなら、彼らは次の情報をすぐに見つけたいと考えるでしょう。

会社や事務所の住所 連絡先(電話番号やメールアドレス)、ソーシャルメディア、プラグイン、営業時間、料金、企業概要のページ。たくさんの企業はこれらの情報をウェブサイトに表示していないのです。

この現状は顧客に安全性や合法性に関しての疑問を生じさせ、その企業から遠ざかることを許してしまいます。 これらの情報を付け加えることには労力はさほどかからないのですから、絶対に付け加えるべきです。

ページの表示速度が遅すぎること

顧客は企業のウェブページが素早く表示されることを期待しています。事実、47%の顧客が2秒かそれ以下の時間でウェブサイトが表示されることを期待しているのです。

さらに重要な事実があります。79%の顧客がウェブサイトでの経験で満足しなければ、そのサイトにリピートせず、2度とそのサイトでショッピングをしないというのです。 PingdomやGTmetrixを利用して、あなたのウェブサイトのローディングスピードを確認してみることをお勧めします。

CTA表示を明確にしていないこと

せっかくウェブサイトを訪れた顧客を次にどのような行動をとることがいいのか迷わせるような状態では、顧客は過ぎ去ってしまうだけです。ですから顧客に対して、次にどのような行動をとることができるのかを的確に表示することが求められます。

「資料請求はこちら」と書かれた大きなボタンやハイパーリンクをページの真ん中や前面に置いておくことが効果的です。 これらのわかりやすいボタンなどがなければ顧客はサービスを利用する気にはなりません。そうなってしまうと、ビジネスにつながらないのです。

時代遅れな事

丁寧にメンテナンスされていて、流行のデザインが施されているウェブサイトは顧客との間に信頼と信用性をもたらしてくれます。このようなウェブサイトですが、毎月のようにアップデートをするというように気負いしなくても大丈夫です。

ですが何年も前から同じウェブデザインで使用してきたのであれば、今がいいチャンスです。もっとコンテポラリーなウェブデザインに刷新してみましょう。

イライラするし、散らかっていること

今でも開くと同時に音楽や動画が流れるウェブサイトを使用している企業がたくさんあります。もっとひどいサイトになるとバナー広告だらけだったり、派手な色やメッセージが満載であることも。

このようなウェブサイトでは顧客をイライラさせてしまったり、たくさんの広告や動画などを貼り付けているために、ページのローディングスピードを遅くしてしまうことにもなりかねません。 誰がこのようなサイトを仕事中やその他の場所で開きたくなるでしょうか。

あなたのウェブサイトの訪問者の多くがモバイル機器からアクセスしていることも考慮に入れておくべきです。サイトの見せ方をクリーンで整然とした状態に保つこと、見せる情報を必要最小限にまで厳選すること、これらを実践することで、訪問者が情報をより細かく消化できるようになるのです。

ショッピングカートや支払いプラットフォームが故障していること

外部の機関に支払い業務やショップングカート業務を委託でもしていない限り、頻繁に自社のサイトのこれらの機能が正常に作動しているのかどうかを確認することはあなたの責任です。もしそれらが壊れているようならば、支払いを受け取ることも、売り上げを伸ばすこともできません。

適切なページにユーザーを導かないこと

顧客は別の関連性のあるリンクにたどり着きたいと考えているのにもかかわらず、企業はユーザーをウェブサイトのホームページに集めようとします。この理由として考えられるのは、サービス関連の情報が書かれているページやその他のページはホームページが作成されてから付属的な役割として付け加えられたからでしょう。

しかし、ホームページというものをよく見てみると、総合的なウェブトラフィックや全体的なデザインとしてはそれほど重要ではないという事実があります。 代わりに、色々な顧客の要望に沿った、的確な情報などを盛り込んだページ作成を潜在的な顧客獲得のために行うべきです。


参考URL

https://www.entrepreneur.com/article/286430